カードローンの審査が上手くいかなかったら

審査基準も一通りおさえていざカードローンの審査を受けてみて、結果はどうだったでしょうか。
無事、審査を通った方は問題ありません。
申し込む前にしっかりとたてた返済計画をがんばって継続すれば、きちんと返せることでしょう。
とはいえ落ちた方は一度ダメだった以上、少し期間をおいてまた申し込むことになると思います。
なぜ審査が通らなかったのか、原因を少し考えてみましょう。


カードローンやその他の借入をすでに利用したことがある方

過去に金融機関で借入を利用した、あるいはまだ返済が終わっていないことはありませんか?
そのときの、返済の延滞をしてしまったり、借入が高額であったり、何件もの会社から借入をしていたり、トラブルを起こしたなどの情報はすべて個人信用情報機関に管理されています。
この情報は数ヶ月から数年経たなければ消えることはありません。
ですからたとえ他のカードローン会社の審査を申し込むとしても、その期間中であったなら不利なスタートをしていたことになります。


ならどういう対策をすればいいの?

上記でも申し上げた通り、個人信用情報機関(Credit Information Center:CIC)から過去の情報が消えるまで待たなければなりません。
具体的な期間は、CICのホームページに詳細が載っています。
最後に、審査する方も自分と同じ人であるということを忘れないでください。
誠実な印象を与えるような立ち振る舞いをして正直になれば、その人柄の良さが伝わることがあることもあるでしょう。

カードローンの審査基準は会社毎に違う

カードローンを申し込んで、審査されるまでに知っておきたいことは何でしょうか?
ここまで言えばわかると思いますが、審査基準です。
いったい何を審査の基準にしているのか、カードローン会社毎に違いはあるのかなど気になる方もいると思います。
審査基準は公表されてはいませんが、わたくしがわかる範囲でお伝えします。


カードローン会社毎の基準の違い

実はカードローン会社毎に、大きく分ければ貸し付け業務を行っている金融機関毎に、審査基準は異なります。
こればかりは企業秘密になるので、問い合わせても答えてくれる会社はいないでしょう。
その逆の考えで、もし一度カードローン会社Aの審査が通らなかったとしても、カードローン会社Bの審査には通ることもあります。
一度落ちてしまったとしても諦めずに、数ヶ月期間を空けて他の会社に申し込んでみてはいかがでしょうか。


なぜ期間を空けるのか

それは多重申込をしてしまうことで、金融機関に怪しまれないようにするためです。
短期間にいくつもの会社に申し込みをすることは、借り逃げのリスクを考えるため好ましくありません。
別の会社なら大丈夫だろうと思ってはいけません。
申込から借入利用歴までに関するすべての情報は、個人信用情報機関という第三者機関で一定期間管理されるので厳しいでしょう。

カードローンの申込をする前に

急に少しまとまったお金が必要になるときがあると思います。
そういう時に限って、給料日前だったりして足りないことがあった苦い経験はありませんか?
そういった場合にもっとも適しているのがカードローンというお金の借り方だと思います。
今回はカードローンの申込に焦点を当てて、気をつけるべきことをご説明します。


カードローンを申し込む前に

申し込む前にしておくべきことがあります。
まず、返済計画をしっかりとたてること。
希望利用限度額は自分の収入で返せる金額なのか、一ヶ月にいくらのお金を返済して何ヶ月で返しきる予定なのか、どういった返済方法を用いるのか、何かしらの起こりうるトラブルが起こった際にはどういう対処をするのか、などなど考えておかなくてはなりません。
負のスパイラルに陥って返済が終わらない方の多くは、無計画な借入によって身を削っています!


一度にいくつものカードローン会社に申し込まない

これは審査基準の信用に関わってくることですが、短期間にいくつも申し込む方はカードローン会社に怪しまれます。
なぜかというと、複数の会社からお金を借りて自己破産などのリスクを避けるためです。
会社側も、リスク管理をしながら利用される顧客を選んでいます。

カードローンの審査の流れ

審査基準を細かくお伝えする前に、審査およびカード発行までの流れをご説明します。
カードローンに限らず、お金の貸し付けの申し込みから借入にはいくつものルートがあります。
カードローンの場合は、どんなルートがあるのでしょうか。


カードローンの流れ-申込

まず始めの審査への申込手段ですが、店頭窓口や電話、郵送の他に、一部の消費者金融では無人契約機やインターネットですべて手続きを済ますことができます。
借入を利用することを誰にも知られたくない方に配慮したサービスのため、顧客情報の管理は徹底しています。
いずれのパターンにおいても、各業者のホームページで行っているインターネットでの申込を先に済ませておくと、さらに時間を短縮できることが多いです。


審査基準と結果まで

審査で基準となる項目は各金融機関、およびカードローン会社によっても異なります。
共通して言えることは、返済能力の有無と信用情報の確認をされます。
返済能力の有無に関しては、年収や勤続年数、居住年数などから判断されます。
信用情報の確認とは、過去から今現在において、金融機関で借入を利用した記録などを確認されます。
また結果については、大手消費者金融などの早いところでは30分から1時間で審査結果がわかります。
カードを郵送してもらう場合でも、本人宛の郵送などサービスはしっかりしているので安心です。